2010年11月29日月曜日

11月MG道場

今月のMG(マネージメントゲーム)道場には、初めてうちの社員も参加しました。3卓もあって、大変盛り上がりました。
http://madara.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/mg-62ce.html


この度は、あまりガツガツいかず、のんびりやってみました。
最初はあえてチップを買わずに行こうかと思いましたが、
みんな青チップを麻薬のように買いあさるので、仕方なく付き合って断念。。

最後の期は少し方針変更、周りの人たちはみんな3個の販売能力しかなかったので
5個に増やして、自分が親の時に売る。

どんなに、相手が安くても、必ず2個は売れる。しかも最高値で。
でも、そうそううまくはいかず、この条件で売れたのは、2、3回でした。


今回の結果は下記の通り


2
3
4
P
25.0
24.0
28.7
V
13.7
14.8
14.3
M
11.3
9.2
13.5
Q
6
20
27
PQ
150
480
753
VQ
82
297
387
MQ
68
183
366
F
125
190
223
G
▲ 57
7
 143
F/MQ×100
184%
104%
61%
他人資本
0
102
118
自己資本
226
219
316
ルール
ジュニア
ジュニア
ジュニア
機械
小型
アタッチメント+小型
アタッチメント+小型
期中
赤チップ
0
0
1
青チップ
0
4
4
黄チップ
0
1
1
製造能力
2
4
4
販売能力
2
3
5
次繰
赤チップ
0
 0 
1
青チップ
0
 0 
4
黄チップ
0
 0 
1
成績


A++




同じように、実際の経営で販売能力を増やすとして、
ライバル企業よりも多く売れば、こぼれたところを拾えるか?

これには、市場の需要が充分ある商品でないといけない。
ライバル企業の販売能力も把握しないといけない。
増やした販売能力に見合うだけの、製造能力もないと売るものがない。

これは大企業の戦略だな。


--------------------------------------------------
広島のインターネットサービスの開発はステップライズ
http://www.steprize.com

0 件のコメント:

コメントを投稿